私がタバコをやめた理由

 

そういう私も昔はかなり煙草を吸っていました。

マイルドセブンを1日一箱は買っていたので、かなりのヘビーユーザーではないでしょうか。

日に日に煙草を吸う量も増えていったため、ニコチン中毒の一歩手前だったかもしれません。

そんな私に煙草をやめるきっかけをくれた出来事がありました。

24歳のことだと思いますが、姉の娘から、「おじちゃん、息が煙草くちゃい」

と顔をしかめられたのです。

そんなこと言われたのは初めてでとてもショックを受けたのを覚えています。

ただ、会社の同僚もみんなそう思っていたのかもしれませんね。

ただ子供が正直だったから、ストレートに教えてくれただけで。

煙草をやめてから、他の喫煙者を見てわかったのですが、煙草を吸うと、確かに口臭がしますね。


どのような口臭かというと、たとえるなら

・生ゴミが腐った腐敗臭
・卵が腐った硫黄のような臭い

強烈に臭いので、顔が近い時にまともに嗅いでしまうと、吐き気を催すこともあります。

ガムを噛んだりしても焼け石に水状態で、ブレスケアになるどころか、別の臭いが加わって、なんの臭いかわからないほどの不快臭をばらまく可能性が高くなります。

体臭対策は、もはや周りに不快感を与えないための最低限のエチケットの一つと言えるでしょう。
◆参照サイト:体臭対策室


臭い対策の専門グッズも販売されてますが、やったほうがいいのはわかりますが、果たしてどのぐらい効果があるのかはわかりませんね。

それからというもの、私は一本も煙草を吸っていません。

子供に嫌われるのは、悲しいですから。