嫌煙者も愛煙者も歩み寄ることが大事

 

嫌煙者も愛煙者も歩み寄ることが大事

嫌煙者とは、煙草の煙を極端に嫌っている人のことです。

そんなのほとんどの禁煙車がそうじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、嫌煙者という言葉が使われる背景には、別の意味があるほうに感じます。

そこには、喫煙という行為に対して極端な拒否反応を示す立ち位置が見て取れます。

「え、あのひとタバコ吸う人だっけ、、、」

という具合に、タバコを吸うと知ったとたん、一様に喫煙者のレッテルを張ってしまうという状態です。

多くの禁煙者にはわかっていますが、煙草吸っている人の大半はマナーを守っています。

定められた喫煙所のみでタバコは吸うし、いざというときのために携帯灰皿だって持ってますし、そもそもタバコのポイ捨てなどする恥ずかしい人はほとんどいません。

そんなことを理解せず、「煙草を吸う人は例外なく悪だ」と決めつけるのは、かなり行き過ぎだと思うし、昔煙草を吸っていた私からすれば、ちょっと悲しくなります。

私は、このように「喫煙」という行為に極端な考えを持つ人が増えてきていることに危機感を覚えています。

ごく一部の、歩きタバコ常習者や、自転車タバコ常習者、ポイ捨て常習者、などのマナーを守らない人のおかげで、そのほかの大多数の愛煙者も一緒くたにされることが多く、迷惑をこうむっているのです。

この原因の一部には、法律が整備されていないことにあると強く感じています。

現状の煙草に関する法律条例は、グレーゾーンが多すぎです。

禁煙者の権利を守るため、愛煙者の権利を守るために、やっちゃいけないことを明確に決め、厳密に運用しないことには、双方にとって良い結果とはならないでしょう。

嫌煙者も愛煙者も歩み寄ることが大事ですが、そのためにも煙草のルールを早急に整備することが不可欠だと強く感じる次第です。