店員「喫煙、禁煙どっちの席にしますか?」喫煙者A「喫煙席で!」全員「_(┐「ε:)_」

 

店員「喫煙、禁煙どっちの席にしますか?」喫煙者A「喫煙席で!」全員「_(┐「ε:)_」

  • その人がスマートかどうか、その人の言動を見ればよく分かります。

    それがよくわかるのが、喫煙者と禁煙者が一緒に行く会社のランチタイム。

    近くの定食屋に入ると、分煙タイプの場合、店員が決まって聞いてきます。

    「お客様、喫煙タイプの席と禁煙タイプの席とありますが、どちらにしますか?ただいまですと、両方とも空きがありますが、、」

    ここで誰かが答えなければなりません。

    たいていの場合、タバコを吸う人が、吸わない人に気を遣い、「禁煙タイプの席でお願いします」ということで、スマートにその場が収まります。

    あーあいつわかってるな。とてもスマートだ。

    という具合に。

    ここでタバコを吸わない人が、「禁煙タイプの席でお願いします」といってしまうと、タバコを吸う人は事実上、自分の主張をする機会を失いますから、煙草を吸う人に言ってもらうのが一番スマートだと思います。


    ただし、ここで予想外のことが起きる場合があります。

    煙草吸う人が、間髪入れず「ああ僕タバコ吸うので、喫煙の席でお願いしまーす」

    ・・・
    ・・



    まさに、その場にいた全員が、皆ずこー _(┐「ε:)_ って感じです、、

    昔僕もタバコは吸ってましたが、吸ってない人に不快な思いをさせちゃダメです。

    煙草はご飯食べ終わってからでいいじゃないですか。

    それか喫煙者だけでご飯に行くとか。

    ランチタイムは、禁煙者にとっても、仕事から解放されてリフレッシュする楽しみな時間なのです。

    その時間を他人のタバコの煙なんかで、台無しにされたいわけないですよね。

    それが後輩なら誰かが教えてくれるかもしれませんが、もしその喫煙者が上司なのであれば、完全なピエロ、裸の王様です。

    女子社員を中心に、陰で嫌われてる可能性は大きいです。

    サラリーマンは集団生活なので、客観的な言動が大事になってくると思います。